【センチュリー】FPSに最適なゲーミングマウス『Gaming トランスforマウス』

01

商品のネーミングが独特なセンチュリー社の白箱ブランドから、やはりどこかおかしな名称のゲーミングマウス「Gaming トランスforマウス」が発表されています。

上から覗き込んだ時にロボットの顔に見えなくもないんですが、だからといってトランスforマウスと言うだじゃれの様なネーミングは、多分、センチュリー社でないと許されないレベルでしょう

もちろん、変形して巨大なロボットになる事もありません。ただ、サイバーな感じはあまりないですね。動き検出は分解能800dpi/1200dpi/2000dpi/2800dpi切り替え可能な光学式で、天板の専用ボラんで切り替える事ができますし、分解能に合わせて内部のイルミネーションカラーを変更する事ができます。

とは言っても、使用中はパーム下でよく見えない訳ですが。ボタン数は5個で、サイドボタンは左側への集中配置なので、ゲーム使用時にも誤操作に苦しむ事はありません。対応OSはWindows XP/Vista/7/8となっていますが、マクロや機能割り当ての専用ソフトが必要な訳でもなさそうなので、他のOSでも問題なく動作しそうです。オンラインでの販売価格は3580円(税込)です。

スポンサーリンク
sponsored link