【DoCoMo】ルームミラー型Android端末を年内にも登場…テレマ機能、ドライブレコーダー・ナビとしても使える

東京モーターショーでドコモがパイオニアとの共同開発として参考出品されたAndroid OS採用のルームミラー型ドライブインフォ端末。CES2014では『Drive Agent Mirror』として登場した。

製品はほぼ完成領域にあり、担当者によれば「年内の可能性大」とのことだった。

一言で言えば“スマートフォンの機能がルームミラー内に収まったもの”だ。本体には4G LTE通信モジュールやGPSレシーバーを内蔵し、スマフォのようにアプリを追加できる。ジャイロセンサーも内蔵したことで、カーナビ利用時はGPS信号をロストしても継続利用ができ、搭載したカメラ機能はドライブレコーダーとしても使える。

もちろん、衝撃時にはデータ保存が自動的に行われるという。要はアプリ次第でいかようにも発展ができる“進化したルームミラー”なのだ。

本体は、ミラーの右側1/3に液晶ディスプレイを組み込むが、表示していないときは通常のアドオン型ワイドミラーと大きくは変わらない。しかし、よく見ると右側にはAndroid端末にあるホーム/メニューボタンなどが並び、その横には車内側を映し出すカメラも装備。反対側に回ると前方を映し出すカメラも備えられている。

操作は本体にあるタッチ式ボタンでも行えるが、基本は音声認識によって行うものとする。そのため、ステアリングに装着するコマンダーも付属。安全上、通常はここで音声入力の操作を行い、希望のアプリを利用する形となる。ニュースや天気予報といったテレマティクスサービスをはじめ、メールや各種SNS利用についても音声操作で行う。

走行中に渋滞情報を捉えればそれを画面とアラームで告知し、車線逸脱や先行車への異常接近時にも警告が行われる。日本ではすでにナビゲーションを備えた人に、通信機能を備えた“プラスα”としての役割を目指すが、アメリカではグーグルマップを使ったナビ機能も積極的に展開。行き先をグーグル検索し、そのまま目的地として設定してナビゲーションすることも想定しているという。

ルームミラーを購入:ルームミラー

スポンサーリンク
sponsored link