【ミリタリー】対ゾンビ戦を想定した銃

審判の日とやらには、死者や亡者どもが街にあふれ、生者を片っ端から食らい尽くすなんていう幻想を抱いている人が多いんでしょうか?

あちらでは対ゾンビ戦を想定したものを作る方が多いんですが、AR-15を対ゾンビ戦用にと改造したものがYouTubeで紹介されています。

対ゾンビ戦はもちろんの事、実戦ではかなり厳しいものの様な気がしますが、まず、見ている限り、あまりにも怪し気です。

zombie-ar15

レーザーサイトは3個、フラッシュライトは4個、取り付けられている弾倉は9個に及びます。もちろん一度に使用できる弾倉は1個ですが、弾倉交換と発砲を繰り返す事で、最大270発もの銃弾を発射する事ができます。

弾倉は、あくまでも取り付けておくだけで、交換の容易さが主目的です。

二脚とその間にグリップがあるので、腰だめ撃ちも可能かとは思うのですが、あまりの重さに機動性が犠牲になっている様な気も…。

ま、まぁ、拠点防御用とかいう目的ならば、これでも十分なんでしょうが、さすがにグレネードランチャーはつけなかったか。動画もありますので、お好みの方は参考にして、エアガンやガスガンを改造してみてください。

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link