都営バス、12月20日から車内で無料無線LANサービス提供予定

東京都交通局は22日、12月20日から都営バス車内で公衆無線LANサービスを提供すると発表した。

都営バスは同日から渋谷~六本木間の終夜バスの運行を開始するため、それに合わせた新サービスとなっている。開始当初は渋谷~六本木~新橋間(終夜バスは渋谷~六本木間のみ運行)で利用可能となり、平成25年度内に都営バス全車両で無線LANが利用できる予定。

bus_p_20131122_h_2-300x232

無線LANの利用時間は1回180分までと決められているが、1日に何回でも利用することが可能。また、外国人観光客の利便性を上げるため、無線LAN接続画面にて日本語以外にも英語、中国語、韓国語を選択することができるようになっている。

利用方法はパソコン、スマートフォンなどから『Toei_Bus_Free_Wi-Fi(SSID)』に接続し、利用規約に同意後、利用者登録としてメールアドレスを登録する。ブラウザで東京都交通局のサイトが開けばインターネットの利用が可能となる。また、docomo Wi-Fiも同時にサービスが開始され、こちらを契約しているユーザーは設定不要のまま無線LANに接続できる。

同日から運行する終夜バスは渋谷~六本木間とIT企業が多く公衆無線LANの需要は高いと考えられる。パソコンも利用できるため車内でメールチェックや仕事をする人が増えそうだ。また、契約が必要なくメールアドレスの登録のみで利用できるため日本観光の問題点でもあった外国人観光客が手軽に使える無線LANとして一役買うのは間違いないだろう。

[東京都交通局]

スポンサーリンク
sponsored link