【象印】「炊き分け圧力」に対応した小容量タイプの圧力IH炊飯ジャー

象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」の新モデルとして、「NP-RW05」「NP-RJ05」の2機種を発表。2月1日より発売する。

「NP-RW05」「NP-RJ05」は、お茶碗一杯分(0.5合)から3合までのごはんが炊ける小容量タイプの圧力IH炊飯ジャー。釜内の温度を最適にコントロールしてごはんを30時間保温する「うるつや保温」、1回に食べる分だけ炊飯する人に向けた「保温切」という2つの保温メニューを備えた。

圧力の強さと圧力時間を調整する「炊き分け圧力」機能も搭載。「NP-RW05」は「白米しゃっきり」「白米ふつう」「白米もちもち」「すしめし」という4通りの食感、「NP-RJ05」は「白米しゃっきり」「白米ふつう」「すしめし」という3通りの食感から選択可能だ。栄養価の高い雑穀米や玄米、金芽米が炊ける「健康米メニュー」も利用できる。

「NP-RW05」には、ごはんの甘み成分(還元糖)が約30%アップする「プラチナコート」を採用。「プラチナ厚釜」の内側にコーティングしたプラチナナノ粒子の触媒効果によって、水質が弱アルカリ性に変化し、お米の表面にあるたんぱく質を分解する。これにより、水が芯まで浸透しやすくなり、ふっくらおいしく炊き上がるようになるという。

このほか、お米の甘み成分(溶出還元糖)がアップする「熟成炊き」メニュー、消費電力を抑えながら炊き上げる「エコ炊飯」メニューを用意。「NP-RW05」は、蒸気を約50%抑える「蒸気セーブ」メニューにも対応している。

炊飯容量(白米)は、0.5~3合(0.09~0.54L)。本体サイズは、23(幅)×19.5(高さ)×32(奥行)mm。重量は、「P-RW05」が4.2kg、「NP-RJ05」が4.1kg。ボディカラーは、「P-RW05」がホワイト、「NP-RJ05」がブラウンを用意した。

価格は「P-RW05」が50,000円、「NP-RJ05」が43,000円(いずれも税抜)。

購入:象印 圧力IH炊飯ジャー

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link