【LG】Apple iWatch向けに1.52インチP-OLEDを単独供給へ─Q3量産開始

image_thumb250

LG Displayが、Appleのスマートウォッチ「iWatch」用ディスプレイの単独サプライヤに選定されたと韓国メディアが報じました。

2014年第3四半期(7~9月)に量産開始予定であるとのこと。

量産されるのはLG G Flexにも採用されたP-OLED(プラスチックOLED)で、1.52インチサイズとなり、Appleのスマートウォッチ「iWatch(仮称)」に搭載されることが明らかになったそうです。P-OLEDを採用するということで、iWatchが曲面ディスプレイを採用する可能性も示されています。

AppleがiWatchに液晶ではなくOLEDを選択した理由としては、OLEDはサイズが小さいほど輝度・消費電力が少なくて済み、バックライトが不要なため本体を薄く・軽くできるからであると伝えられています。

iWatchはApple初のスマートウォッチとして、2014年9月に大画面のiPhone 6(仮称)と同時発表されることが期待されています。

スポンサーリンク
sponsored link