【玄人志向】「Radeon」シリーズ搭載の新ビデオカード3機種

玄人志向は、ビデオカードの新モデルとして、「RD-R9-290-E4GB/DF/OC」「RD-R7-260-E1GB」「RD-R7-240-E2GB/D3/G2」の3機種を発表。1月下旬より発売する。

RD-R9-290-E4GB/DF/OC

20140120154400_816_

オーバークロックタイプのビデオカード。DirectX 11.2やMantleなどの最新技術に対応したGPU「Radeon R9 290」を搭載した。コアクロックを947MHzから975MHzに向上させたほか、高冷却&静音オリジナル2連ファンによって効率よく熱を逃がす構造となっている。

主な仕様は、データレートが5Gbps(メモリークロック5000MHz相当)、メモリーインターフェイスが512bit、ビデオメモリーが4GB GDDR5。

このほか、補助電源コネクターは6pin×1、8pin×1。出力インターフェイスは、DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×2。バスインターフェイスはPCI Express3.0 x16を装備した。

市場想定価格は56,000円前後。

RD-R7-260-E1GB

20140120154449_307_

GPUに「Radeon R7 260」を搭載したビデオカード。主な仕様は、コアクロックが1030MHz、データレートが6Gbps(メモリークロック6000MHz相当)、メモリーインターフェイスが128bit、ビデオメモリーが1GB GDDR5。

このほか、補助電源コネクターは6pin×1。出力インターフェイスは、DisplayPortx1、HDMIx1、DVI-D×1。バスインターフェイスはPCI Express3.0 x16となっている。

市場想定価格は15,000円前後。

RD-R7-240-E2GB/D3/G2

20140120154454_514_

GPUに「Radeon R7 240」を搭載したビデオカード。コアクロックは、Baseが750MHzでBoostが800MHz。データレートが1.6Gbps(メモリークロック1600MHz相当)、メモリーインターフェイスが128bit、ビデオメモリーが2GB DDR3。

このほか、出力インターフェイスは、アナログRGB×1、HDMI×1、DVI-D×1(SingleLink)。バスインターフェイスがPCI Express 3.0 x8となっている。

市場想定価格は9,000円前後。

関連商品:RADEON 玄人志向

スポンサーリンク
sponsored link