【SHARP】7型IGZO液晶ディスプレイを搭載したタブレット「AQUOS PAD SHT22」

20140122113720_744_

au(KDDI)は、タブレット端末の2014年春モデルとして、7型IGZO液晶ディスプレイを搭載した「AQUOS PAD SHT22」(シャープ製)を発表。2月下旬より発売する。

極限までフレームを細くして、コンパクトさと軽量を両立させた「EDGEST」をコンセプトとしたモデル。7型WUXGA(1920×1200)IGZO液晶ディスプレイを採用し、約323ppiの高精細な表現力によって、写真や映像コンテンツなどを美しく表現する。

メインカメラには、約1320万画素CMOSセンサーを内蔵。F値1.9の「BrightEye」と新開発の画像処理機能「NightCatch」によって、暗所でも感度がアップし、ノイズの少ない写真が撮影できる。さらに、ズームアップによって発生する画像の粗さを超解像度技術で低減する「美ズーム」、すばやく起動できる「約0.4秒 ON速起動カメラ」などの機能も用意した。

このほか、auスマートフォンとタブレット間でデータを連携する「Passtock」に対応。両端末をあらかじめペア設定しておけば、写真や動画などのデータを連携できる。また、タブレットで見つけた店舗の電話番号をタップするだけで、スマートフォンと連携し、スマートフォン側から電話をかけることが可能だ。

OSは「Android 4.2」を採用。メインカメラは約1320万画素CMOSセンサー、サブカメラは約210万画素CMOSセンサーで、フルセグ、NFC、IPX5/7相当の防水性能に対応した。バッテリー容量は4080mAhで、待受時間は約1170時間(3G)/約980時間(LTE)。

本体サイズは104(幅)×173(高さ)×9.9~10.8(奥行)mm。重量は約263g。ボディカラーはホワイトの1色のみ。

関連商品:AQUOS PAD SHT22

スポンサーリンク
sponsored link