【KENWOOD】「奏でるオブジェ」がコンセプトのミニコンポ「AP-300」

20140123132237_169_

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、「奏でるオブジェ」をコンセプトにデザインしたミニコンポ「AP-300」を発表。2月上旬より発売する。

不要な反射や共振が少ないラウンドデザインを本体に採用。この形状を生かして、キャビネット内のスピーカーを外向きに角度を付けて配置したことで、コンパクトなボディながら、広がりのある音場を実現した。

再生環境は、CDやラジオ、USB端子を備えたオールインワン仕様となっている。具体的には、CD、FM/AM、USBメモリーのコンテンツ再生、Bluetoothを使ったワイヤレス再生のほか、iPod/iPhoneとデジタル接続できるUSB端子を搭載した。Bluetoothのバージョンは、Bluetooth 3.0(Class2)で、対応プロファイルはA2DP、AVRCP。AACコーデックにも対応した。

このほか、自然で豊かな低域再生「EX.BASS」、豊かな臨場感が楽しめる「サラウンド」、POP/CLASSIC/ROCK/JAZZ/GAME/FLATから好みのサウンドを選べる「サウンドモード」 などの機能も備えている。

アンプ部の実用最大出力は20W+20W(8Ω)で、インターフェイスはUSB×1、光デジタル×1、AUDIO IN(ステレオミニ)×1、ヘッドホン出力(ステレオミニ)×1を装備。スピーカー部はレンジ バスレフ型で、使用ユニットは7.5㎝コーン型×2。本体サイズは360(幅)×199(高さ)×225(奥行)mm、重量は2.9kg。本体カラーは、ストーングレイ、スチールシルバー、グラファイトブラックの3色を用意する。

購入:KENWOOD ミニコンポ

スポンサーリンク
sponsored link