【EPSON】MiracastやBluetoothを備えた第2世代「MOVERIO」

20140128161405_684_

エプソンは、シースルーモバイルビューアー「MOVERIO(モベリオ)」の第2世代モデルとして、「BT-200AV」と「BT-200」を発表。4月24日より発売する。

メガネ型のウェアラブル情報機器。画面と同時に周りの状況を確認できるシースルータイプで、遠くを見れば見るほど大画面で映像を楽しめる。5m先なら80型相当、20m先なら320型相当の大画面での視聴が可能(体感サイズには個人差がある)。従来機種の「BT-100」から本体を軽量化し、ヘッドセット部の重量を88gに抑えた。動画ファイルの連続再生時間は、従来機種と同じ6時間。

新モデルは、スマートフォンやタブレット端末内のコンテンツをワイヤレスで接続して視聴できるMiracastをサポート。ワイヤレスミラーリングアダプターを同梱する「BT-200AV」であれば、HDMI接続対応のレコーダーなどに録画したコンテンツをワイヤレスで視聴できる。3Dにも対応しており、サイドバイサイド方式の3D映像の視聴も可能。

プラットフォームには、「Android 4.2」を搭載し、単体でWebブラウジングやネット動画などを楽しめる。ジャイロ、加速度、地磁気などの各センサー、30万画素カメラ、GPS機能、Bluetoothを備えており、単体でさまざまなアプリの利用が可能。アプリは専用のダウンロードサイト「MOVERIO Apps Market」から入手できる。対応アプリは、国際航業の「NETMAP STORE」、楽天の「kobo」、ヤフーの「Yahoo!音声アシスト」など。

音声は、「Dolby Mobile Plus」を採用し、臨場感あるクリアで迫力あるサラウンドを実現。映像ジャンルにあわせた、6つの音声モードも備える。

主な仕様は、液晶パネルサイズは0.42型ワイド、画素数は960×540(QHD)。ユーザーメモリー容量は8GB。microSD(最大2GB)/microSDHC(32GB)メモリーカードをサポートする。再生可能ファイル形式は、MP4、MPEG2。ヘッドセット部のサイズは、185(幅)×32(高さ)×170(奥行)mm、重量は88g。

いずれも価格はオープン。

スポンサーリンク
sponsored link