【Pioneer】世界最軽量のポータブルBDドライブ「BDR-XD05J」

20140128190528_94_

パイオニアは、USB3.0接続のポータブルブルーレイドライブの新モデル「BDR-XD05J」を発表。1月下旬より発売します。

BDXLに対応したWindows用のポータブルブルーレイドライブ。書き込み可能なポータブルブルーレイドライブとしては世界最軽量なのが特徴で、重量は約230g(パイオニア調べ)。本体サイズ133(幅)×14.8(高さ)×133(奥行)mm。

ポータブルでブルーレイドライブが欲しいと思ったことがないのですが、薄いなら持ち運びが便利そうですね。

機能面では、ディスク表面の汚れや傷でオーディオCDのデータが読み取れないときに、独自のアルゴリズムで再度読み取りを行う「PURE READ2+(原音再生)」を搭載。データの欠落・補完の発生を抑えることで、オーディオCD本来の音質で再生できる。また、ブルーレイやDVD、オーディオCDの再生時に、ディスクの回転速度を制御して動作音を抑える「オート静音ファームウェア」も搭載している。

このほか、Windowsが起動しないときに、リカバリーCDを読み込んでパソコンを立ち上げる「USBブート」に対応。音楽CD再生時に動作音を低減させる「アドバンス静音モード」や、電源を切った状態でもディスクを取り出せる「エマージェンシーイジェクトレバー」も装備する。

消音モードの時と動作時でどれくらい差があるのでしょうかね。

本体はUSBバスパワー駆動に対応。別売のACアダプター「DCA-002」を接続できるACアダプター端子も備えている。別売りのワイヤレスドック「APS-WF01J」と組み合わせることで、ドックとワイヤレス接続したWindowsタブレットなどでBDソフトを楽しめる。記録速度は、BD-Rが最大6倍速、BD-R QLが最大4倍速、BD-RE TLが最大2倍速、BD-REが最大2倍速。ボディカラーはブラック。

関連商品:パイオニア Mac対応 スロットイン方式 BDXL対応 外付型ポータブル USB2.0接続 BD/DVD/CDライター プレミアムシルバー BDR-XU02JM

スポンサーリンク
sponsored link