【ドスパラ】「ニコニコ生放送」配信機材の動作確認済みデスクトップPC

20140130124538_803_

ドスパラは、「ニコニコ生放送」の配信に最適な映像入力機材や配信アプリケーションの動作確認済みデスクトップパソコン「Raytrek-V ニコニコ生放送モデル」を発売しました。

ニコニコ動画はよくみるけどニコニコ生放送は見たことないって方は多いのではないのでしょうか?

ニコニコ生放送とは、ニコニコアカウントを持っていてプレミアム会員なら誰でも放送を開始できます。

リアルタイムで映像を配信でき、視聴者と会話が出来るサービスです。

「ニコニコ生放送」配信に最適なSKNET製HDMIキャプチャーユニット「MonsterX U3.0R」、ニワンゴが提供する配信アプリケーション「Niconico Live Encorder」の動作を確認したタワー型パソコン。ディスプレイは別売り。

CPUに「Core i7 4770S」を搭載し、CPU負荷の高いゲームなどをプレイしながらでも軽快に実況生中継を実現。配信中にバックグラウンドで予期せぬ処理が始まった場合も、動作のもたつきや配信映像のコマ落ちを極力抑えられるという。

このほかの主な仕様は、メモリーが8GB DDR3、ストレージが120GB SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSには「Windows 7 Home Premium」を採用する。本体サイズは140(幅)×323(高さ)×317(奥行)mm、重量は約7kg。

普通に性能が良いパソコンなので、ゲームなどいろいろな配信が楽しめそうですね。

スポンサーリンク
sponsored link