【任天堂】スマホ向けアプリを年内提供へ─マリオの移植は否定

image_thumb374

任天堂の岩田聡社長は1月30日の経営方針説明会で、年内にスマートフォン向けのアプリを提供予定と明らかにしました。

ただし「マリオ」など既存タイトルのスマートフォン向け移植は否定し、あくまでも「任天堂プラットフォームに参加していただくきっかけを作る」という目的のアプリになるとのこと。

任天堂は、2014年3月期通期の連結最終損益が250億円の赤字に転落する見通しとなっていますが「ハード・ソフト一体型のビデオゲーム専用プラットフォームを経営の中核とすることは今後も変わらない」と述べ、現在のビジネスモデルを堅持する方針も改めて示しました。

参照:ITMedia

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link