【SteelSeries】「SteelSeries Sensei」の新モデル「Sensei [Raw] Navi Edition」を発売

20140203160132_585_

SteelSeries Senseiの新モデル「Sensei [Raw] Navi Edition」を発売しました。

「Sensei [Raw] Navi Edition」は、最先端のレーザーセンサーを採用し、安定したパフォーマンスを実現するモデル。10.8メガピクセルのHDイメージを秒間12000フレームの速さで処理でき、秒速150インチの動きを捉えられるそうです。

Senseiは私も持っていますが、細かいマクロ設定が出来たり、背面のディスプレイが光るのですごく綺麗です。

しかし、背面にディスプレイがあることで長時間使っていると掌がかなり熱くなってきます。

寒い地方の方にはオススメなのではないでしょうか。

本体のイルミネーション設定も可能。プロファイルごとに明るさを設定できるため、プロファイルを切り替えた際、どのプロファイルが現在適用されているのかすぐに分かるという。

このほか、デザイン面では、本体をマットコーティングに仕上げている。対応OSは、Windows 2000/XP/Vista/7、Mac OS X。本体サイズは68.3(幅)×38.7(高さ)×125.5(奥行)mm、重量は90g。

スポンサーリンク
sponsored link