【レノボ】Windows 8.1搭載の8型タブレット「ThinkPad 8」

レノボ・ジャパンは、「Windows 8.1 Pro」を搭載した8型タブレット「ThinkPad 8」を発表しました。

ラインアップは、上位モデルの「20BN001RJP」と下位モデルの「20BN002DJP」を用意しているようです。

いずれも、ディスプレイに、縦横比16:10の8.3型IPS液晶(1920×1200ドット)を搭載。

一般的な保護用カバー材の「ソーダライムガラス」と比べて6倍の強度を持つという「ドラゴントレイルガラス」をタッチパネルに採用した。

本体前面に200万画素カメラ、背面に800万画素カメラを内蔵。背面カメラを使用する際、別売りの「ThinkPad 8 クイックショット・カバー」を折り曲げるとカメラアプリが自動的に起動し、専用カバーを装着したまま撮影できる。

主な仕様は、CPUに「Atom Z3770」を採用。インターフェイスは、microHDMI×1、microUSB 3.0×1、microSDカードスロットなどを備える。IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポート。ストレージは、「20BN001RJP」が128GB、「20BN002DJP」が64GB。バッテリー駆動時間は約8時間(Wi-Fi使用時)。

いずれも、本体サイズは224.3(幅)×8.8(高さ)×132(奥行)mm、重量は約430g。直販価格は、「20BN001RJP」が69,000円、「20BN002DJP」が59,000円。

購入(上位モデル):Lenovo ThinkPad 8 (Atom Z3770/128GB/2GB/Win8.1/8.3型 IPS/ブラック) 20BN001RJP
購入(下位モデル):Lenovo ThinkPad 8 (Atom Z3770/64GB/2GB/Win8.1/8.3型 IPS/ブラック) 20BN002DJP

スポンサーリンク
sponsored link