【メルセデス】 メルセデス・ベンツSクラス クーペ 新型、公式発表…ヘッドランプにスワロフスキー

ドイツの自動車大手、ダイムラーは2月11日、新型メルセデスベンツ『Sクラス クーペ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14で初公開される。

新型Sクラス クーペは、現行の『CLクラス』の後継車。CLクラスはモデルチェンジを機に、新型『Sクラス』の一員として、Sクラス クーペの名前で登場した。

新型Sクラス クーペは、フランクフルトモーターショー13に出品された『コンセプトSクラスクーペ』の市販版。サルーンの新型Sクラスよりも、2ドアクーペらしいパーソナル感を追求しているのが、新型Sクラス クーペの特徴。

象徴的なのは、オプションの特別なヘッドランプ。片側に47個のスワロフスキークリスタルがあしらわれる。その内訳は、17個がデイタイムランニングライト、30個がウインカーランプ。標準装備のヘッドランプは、フルLEDとなる。

スポンサーリンク
sponsored link