【東芝】ついに出た、5TBを現実にしたハードディスク

01

東芝から、3.5″径で最大容量5TBを実現したハードディスクのシリーズが発表されています。

容量こそHGSTの6TBよりも少ないのですが、ヘリウムガス封入型ではなく、在来型の構造のままで5TBを実現していますので、価格も安価になる事が期待されます。

6TBの製品もいいのですが、バルク品の市販価格として6万円はさすがに買いにくいっす。プラッターあたりの容量は1TBで、高密度化に伴い、データ転送速度が24%向上し、エネルギー消費効率が20%向上しています。

シリーズはインターフェースにSAS/SATAを採用したシリーズが用意され、データ転送速度は6Gbpsにまで対応になります。

それぞれに対して短時間でデータを無効化できるSanitize Device Feature setの有無で、計4シリーズの製品が用意されます。

各シリーズで用意される容量は2TB/3TB/4TB/5TBで、バッファ容量は64MB(SAS)/128MB(SATA)と大容量。

ただし、若干厚めの26.1mmハイトになっています。2月下旬からのサンプル出荷が予定されています。

参照:業界最大容量の5TBのニアライン向け3.5型HDDの製品化

スポンサーリンク
sponsored link