より多くの人にフィットする小ダンボーバッテリーとして再臨!

「小さく軽いダンボーバッテリーを!」の声にこたえる形で、新製品「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」(小ダンボーバッテリー)が登場しました!

発売は2013年12月5日の正午(12:00)から!

SDIM0969

製品名 cheero Power Plus DANBOARD version -mini-
内蔵電量 3.7V 6000mAh、リチウムイオン
入力 5V / 1A MicroUSB
出力 [USB1] 5V / 1A [USB2] 5V / 2.1A
本体充電時間 約7-8時間 *1A USBアダプタ利用の場合
主要機能 残量インジケーター(3段階:口を押すと目が黄→オレンジ→赤と遷移)
寸法(本体) 74mm(W)×48mm(H)×34mm(D)
重量(本体) 140g
付属品 本体充電用USB-MicroUSBケーブル(白)、ポーチ、説明書/保証書
各種保護機能
  1. 過充電(電圧/電流)時 自動停止機能
  2. 過放電(電圧/電流)時 自動停止機能
  3. 短絡化(ショート)時 自動停止機能
  4. 発熱時 自動停止機能
  5. デバイス充電完了時 自動停止機能

発売は2013年12月5日の正午(12:00)から。希望小売り価格は4,980円(税込)ですが、Amazonでのスタート価格は3,250円(税込/送料込)となっています。大ダンボーバッテリーは発売からかなり経過しているのにまだ売れているみたいなのでまた品薄が予想されます。

小ダンボーバッテリーの容量は6,000mAhで、大ダンボーバッテリーの10,400mAhと比較すると小さいですが、十分大容量。

SDIM0979

大きさ的にも、もちろん大ダンボーバッテリーより小さいですが、厚みは小ダンボーバッテリーの方があります。

6,000mAhは、iPhoneを約2.5回充電できる容量に相当です。

SDIM1004

今回はダンボーバッテリーとしての専用設計なので、デティールが向上しています。段ボール箱の合わせ目の表現がカワイイ。

SDIM0978

パッケージにも囲気があります。大ダンボーバッテリーのパッケージより、段ボール箱感が増した作り。

容量対価格比では大ダンボーバッテリーの方が優秀ですが、これからの売れ筋は、恐らく小ダンボーバッテリーになりそうですね。

それでは、箱を開けてみたいと思います。箱の裏側のデザインも凝ってますね。

開封! ちなみに、箱の上側から開けたくなりますが、段ボール箱表現のために糊で綴じてあるので、下から開けることをオススメ。

同梱物は以下の通り。

  • 麻のポーチ
  • 取扱説明書
  • 本体
  • microUSBケーブル(iPhone用Lightningケーブルは入っていません)

SDIM0975

「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」に対して充電をするための端子はmicroUSB。5V/1Aでの充電が可能です。

小さいながら、外部機器への充電用USB端子は二つあります。一つは1A、もう一つは2.1Aの電流が出力可能。この辺りは大ダンボーバッテリーと変わりませんね。

iPhoneとiPadの両方に同時に充電が可能です。

「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」はオートパワーオフ対応。何もつないでいなかったり、充電が完了して流れる電流が減ると自動的に電源が切れます。

電源スイッチはどこ? と本体の周囲を見回しても見当たらない。もしや……! とダンボーの口を押すと、目が光りました! 口が電源スイッチだった!

SDIM0986

大ダンボーバッテリーは、本体についたLEDの点灯する数でバッテリー残量、充電進行度を示していましたが、小ダンボーバッテリーでは目の光る色でそれを表現(黄→オレンジ→赤)。外観を損ねない一方で、少し分かりにくいかな?

71W0OqeISrL._AA1200_

最後に「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」を様々な角度から撮影した写真を掲載しておきます。

モノとしての佇まいが伝わるかと思います。

USB端子サイド。

SDIM1020

合体のための(笑)くぼみがある底面。

SDIM1022

microUSB端子サイド。

SDIM1023

ピクトグラムがかわいい背面。

SDIM1024

手頃なサイズで扱いやすくなったほか、ダンボーとしての造形の完成度が向上。魅力が高まった本製品。

女性からの支持が、これまで以上に高くなることは間違いありませんね。

製品の品質では定評のあるcheeroということもあって、品質面でもまず安心でしょう。

クリスマスを迎える12月の発売ということで、プレゼントとしても重宝されそうです。

スポンサーリンク
sponsored link