【ロジクール】メカメカしくて近未来的なゲーミングマウス「G502」が予約開始

fdafdsafsda

ロジクール社からゲーミングマウス「G502」が予約販売されています。

天板にあるGマークが内部からイルミネートされており、かっちょよさ倍増と言う感じです。従来のロジクール社のゲーミングマウスのデザインを残しながら、さらにメカメカしく、さらにごつく、それでいてスマートなデザインになっています。

光学センサの分解能は200dpi〜12000dpi。って、レーザセンサでさえ8200dpiが上限なのに、さらにその上をいくと言う超高分解能。

このセンサには独自の「Delta Zero™センサーテクノロジー」が採用され、設置面に合わせて調整する「センサーキャリブレーション機能」を搭載します。FPSには最適なマウスと言えるでしょう。

スクロールホイールはチルト機能付きで、ボタン数はこれを合わせて計11個。バランスウェイトは3.6gが5個付属しますが、一般的な円形のウェイトではありません。

くの字型になっており、中央の軸周りに3個、後方に2個を取り付ける事ができます。

ちょっとごちゃついた感のあるサイドボタンあたりは、サイズと形状を変えたボタンが集中配置され、親指をのせるフィンが用意されます。そのため、親指が設置面を擦ると言う不快な思いをせずに済みます。

カスタマイズ用の設定アプリの動作はWindows Vista/7/8で、オンラインストアでの販売価格は6980円。

5月16日からの販売が予定されています。

参照:Logicool® G502 Tunable Gaming Mouse

スポンサーリンク
sponsored link