【SONY】ハイレゾ音源対応のインテグレートアンプ「STR-DN1050」

STR-DN1050

先頃、ハイレゾ音源が定義されたばかりですが、ソニーからはそれに対応したインテグレートアンプ「STR-DN1050」が発表されています。

192KHz/24bitのWAV/AIFF/FLAC形式及びDSD 2.8MHzに対応した事で、ハイレゾ音源としては定義を満たしたことになります。

インテグレートアンプと言えばオーディオシステムの中核となるコンポーネントですが、7.1chの定格出力は各100W。入出力もデジタル/アナログともに豊富になっており、数え上げるのが大変なくらいです。最近のAVアンプの流行に合わせて、Bluetooth/有線LAN/無線LAN/NFC等に対応し、かざすだけペアリング/AirPlay対応/DLNAクライアント/USB接続のフラッシュメモリからの再生/インターネットラジオへの対応等が特徴です。

また、計測用の付属マイクによる音場補正/聴感補正も可能で、違う部屋に設置しても同様の迫力あるサウンドが楽しめます。インターフェースは通常のフロントパネルとリモコン操作の他に、接続したディスプレイへの表示が可能で、再生途中でもオーバーレイによる表示を可能にしています。7月10日頃の出荷が予定されており、現在はオンラインストア等で予約が始まっています。

Amazon:SONY 【ハイレゾ音源対応】マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DN1050
参照:マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1050」

スポンサーリンク
sponsored link