【音茶楽】外耳道の長さに合わせたイヤホン「Flat4-玄弐型/緋弐型」

20140428125316_382_

音茶楽は、カナル型イヤホンの新モデル「Flat4-玄弐型(KURO TypeII)」「Flat4-緋弐型(AKA TypeII)」を発表。フジヤエービックおよび音茶楽Sound Customize店舗にて6月上旬より発売しました。

なお、5月10日に開催される「春のヘッドホン祭2014」(フジヤエービック主催)の音茶楽ブースにて、試聴展示や少量先行販売が行われる予定です。

20140428125328_395_

10mmダイナミック型×2と、独自のツイン・イコライズド・エレメント方式の位相補正チューブを採用したイヤホン。個人差がある耳の外耳道の長さに合わせて、位相補正チューブの長さも合わせたのが特徴。外耳道が標準の人向けに「Flat4-玄弐型」を、外耳道が長い人向けに「Flat4-緋弐型」を用意した。

位相補正チューブの有効長は、外耳道が標準の人向けの「Flat4-玄弐型」を28mmに、外耳道が長い人向けの「Flat4-緋弐型」が30mmに設定。ユーザーの外耳道の長さと位相補正チューブの長さが近くなるほど良い音になるという。

さらに、位相補正チューブの制振塗装として、より制振効果の高い弐型塗装を施すことで、より細かい余韻まで再現可能になったという。高域特性の向上に合わせて、100Hz以下の重低音域も強化されています。

主な仕様は、周波数特性が3.5~35kHz、出力音圧レベルが104dB SPL/mW、最大入力が400mwW、インピーダンスが18Ω。接続は3.5mm金メッキステレオミニプラグで、ケーブル長が1.2m(Y型)。重量は約18g。コンプライ フォーム イヤチップT-200 Lサイズ(Mサイズは本体に装着)や収納缶、クロスなどが付属。

価格は45,360円。

スポンサーリンク
sponsored link