【サンワサプライ】パソコンで消費電力を管理できるワットモニター「TAP-TST11」

20140507110728_660_

サンワサプライは、消費電力などを測定できるワットモニターの新モデル「TAP-TST11」を発表。5月中旬より発売します。

ワットモニターですが、パソコン自作派の皆さんはもちろん持ってると思いますが、一般的にはあまり普及しているイメージはありませんね。

ワットモニターとは、使用している家電のコンセントを差し込むことで、消費電力などをボタン1つで測定できる機器です。

液晶画面に数値で表示され、ひと目で測定することが出来ます。

測定項目は、消費電力(W)、積算電力量(kWh)、積算時間(H)、積算電力料金(円)、CO2排出量(kg)、温度、湿度の7種類。測定確認していない状態では時計が表示されます。

また、USB接続に対応し、パソコンでも測定データ(消費電力、電力量、時間)の確認や、データの保存が可能。計測データ(CSVファイル形式)は、10分間隔で約1か月分の計測・保存が行えます。

このほか、主な仕様は、定格容量が15A・100V(1500Wまで)、定格電圧が90~110V、製品消費電力が最大0.5W、プラグ仕様が2P。対応OSはWindows 7/XP。本体サイズは60(幅)×60(高さ)×30.5(奥行)mm。

今年もまた、夏になったら、節電節電と騒がれるのでしょうか?
地球のためにも節約のためにも、ひとつは持っておきたい商品ですね。

Amazon:SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

スポンサーリンク
sponsored link