【JVCケンウッド】ハイレゾ対応ポータブルヘッドホンアンプ「SU-AX7」

20140508113323_544_

JVCケンウッドは、JVCブランドより、ポータブルヘッドホンアンプ「SU-AX7」を発表。5月下旬より発売します。

192kHz/24bit(リニアPCM形式)のハイレゾ音源の再生に対応したポータブルヘッドホンアンプ。

音楽信号に対して「ビット拡張」「周波数帯域拡張」「波形補正」を行い、非ハイレゾ音源をハイレゾ化するとともに、ハイレゾ音源よりも高音質化して、マスター音源のクオリティに近づける独自の高音質化技術New「K2テクノロジー」を搭載し、原音のニュアンスや空気感をより繊細に表現するという。

このほか、D/Aコンバーターには、空間表現能力が高く、緻密で滑らかな表現にすぐれた旭化成エレクトロニクス製「AK4390」を採用。さらに、高剛性のアルミボディに加えて、非磁性ステンレスを使用した高剛性シャーシを内部に搭載。回路基板をシャーシに固定して、ボディから浮かせるフローティング構造によって、外部からの振動を遮断し、高音質再生を実現します。

主な仕様は、周波数特性が10Hz~100kHz(LINE IN時)、最大出力が140mW+140mW(16Ω 10%歪)。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、電池持続時間は、アナログ接続時が約12.5時間、デジタル接続時が約5時間。本体サイズは75.2(幅)×140.2(高さ)×25(奥行)mm、重量は280g。

スポンサーリンク
sponsored link