【東芝】大容量5TBのクラウド向け3.5インチHDDなど

20140522160041_271_

東芝は、3.5インチHDDの新モデルとして「MC04ACA」シリーズを発表。5月末から量産出荷を開始します。

同社初となる、クラウド向けのHDD。6Gbit/sのSATAインターフェースとアドバンストフォーマットを採用しており、年間180TBのデータ転送が可能。クラウドコンピューティングで使用されるデータの保存に適しているという。

主な仕様は、回転数が7200rpm、バッファサイズが128MB。本体サイズは101.6(幅)×26.1(高さ)×147(奥行)mm。記憶容量は、5TB、4TB、3TB、2TBをラインアップがございます。

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link