【ASUS】4本のアンテナで1734Mbpsの高速通信を実現した無線LANルーター「RT-AC87U」

20140926112822_102_

ASUSTeK Computerは、無線LANルーターの新モデル「RT-AC87U」を発売しました。

IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠した無線LANルーター。5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応する。通信速度は、4本の送受信アンテナを搭載し、IEEE802.11ac接続において、最大1734Mbpsの高速を実現。IEEE802.11n接続では、TurboQAMを使用することで、規格上の最大600Mbpsの転送速度に対応します。

また、IEEE802.11acのMU-MIMO技術に対応しており、対応機器であれば4台まで同時に通信を行うことが可能だ。電波を強化する機能として、本製品に接続しているPCやスマートフォンなどの機器の位置を検出し、その機器を狙い撃つように電波を飛ばす「Ai Radar機能」を搭載しました。

機能面では、トレンドマイクロの「Trend Micro Smart Home Network」技術を使用する「AiProtection」機能を搭載。不正Webサイトへのアクセスブロックやペアレンタルコントロールの実行といったセキュリティ対策をルーター単体で実現。

処理性能では、1GHzの高クロックで動作する「Cortex-A9」ベースのデュアルコアプロセッサー「Broadcom BCM4709」を搭載。多機能ながらも、高速なデュアルコアプロセッサーを搭載することで、遅延のない快適な処理速度を実現。512MBの大容量なDDR3メモリーも搭載。

このほか、USB接続のストレージをネットワークで共有することが可能。iOSおよびAndroid搭載端末からのデータアクセスに対応。

ガジェパラ編集部のオフィスでも導入したいですね。

購入:ASUSTek 11ac/n/g/b対応 1734Mbps高速無線ルーター RT-AC87U

スポンサーリンク
sponsored link