【Apple】世界で最も薄いタブレット「iPad Air 2」が予約開始 発売は10月下旬か

DSC_0584

ようやくAppleからiPad Air 2が登場しましたね!

他にもiPad mini 3やiMac Retina 5Kディスプレイなど気になる新製品が色々と発表されましたが、今回私が欲しいと思っているのはiPad Air 2です。

私はAppleのタブレットはiPad 2を購入して以来なので、かなり久しぶりのアップデートになります。

ものすごく進化してそうなので、今からすごく楽しみです。Touch ID(指紋認証センサー)が搭載されたので、iPhoneとの統一感も高まりましたね。

ロック解除はもちろん、様々なアプリでもTouch IDが使われていたり、iTunes、iBooks、App Storeで購入する際の承認も手間がかからなくなります。

微妙にストレスを感じるところが、うまく改善された印象があるので、よりシームレスな操作が期待できそうですね。

スポンサーリンク
sponsored link

iPad Air 2の薄さと軽さについて

今回のiPad Air 2で1番楽しみにしているのが、薄さと軽さです。今までiPad2を使っていましたが、長時間持っていると疲れてくるんですよね。

しかも厚さや重さもそれなりにあるので、気軽に外へ持ち出せません。

かといって、じゃあiPad miniにすればいいかというと、今度は使う用途が違ってきます。

私はiPadで1番活用するのは「雑誌」の閲覧です。特にKindleアプリから見る電子雑誌です。これを見たいがためにiPadを購入しています。

雑誌に関しては、iPhoneではあまりにも小さすぎるので大きな画面が必要です。

iPad miniでも少し小さいと思っています。細かい文字を書かれていたりすると拡大しなければいけなかったりするので、これもまためんどうなわけです。

なので、iPad Airのサイズなら文字をいちいち拡大しなくても見れることが多くなるのでピッタリなんですよね。

そして今回の新型iPadは6.1mmという驚異的な薄さになっています。ちなみにiPhone6で6.9mm、iPhone6 Plusで7.1mmということで、iPhoneよりも薄くなっているわけです。

もうガラスの板を持っているようなもんですね〜。

重量もWi-Fiモデルが437g、Wi-Fi + Cellularモデルが444gと、どちらも450gを切っています。

これなら長時間持っていても疲れなそうです。

ディスプレイ

iPad Air 2のディスプレイは9.7インチで解像度は2084×1536になっています。

個人的に特に注目しているのは、反射率の低さです。今回のiPad Air 2には反射防止コーティングが施されています。

iPadは特に画面サイズが大きいので、反射が結構目立ちやすかったんですよね。

なので、そこが大きく改善されたということは、かなり色んな環境下で見やすくなるはずです。

数値でいうと56%抑えられています。これはすごい数値だと思います。

最後に

というわけで、iPad Air 2は前回よりも大きな進化はあまりないものの、細部がかなり洗練されたので、長く活躍してくれる製品に仕上がっていると思います。

薄くて軽くて画面が広かったら、絶対に使いやすいですよね。

スポンサーリンク
sponsored link