【SONY】機能満載なLDACに対応したワイヤレススピーカー「SRS-X99」

SRS-X99

ソニーから同社独自のコーデックLDACに対応したワイヤレススピーカー「SRS-X99」が発表されています。

Bluetooth接続の際にはSBC/AAC/LDACの各コーデックに対応しており、ソニーのLDAC普及に対する姿勢の一環が伺えます。

また、有線LAN/無線LANにも対応しており、DLNA/AirPlay/GoogleCast経由での音楽再生が可能になっています。USB接続/アナログライン入力も備えているので、音楽再生に関してはこれ1台あれば十分と言う感じです。

DACは192KHz/24bitのハイレゾ音源にまで対応でき、CD音源をハイレゾ音源にアップスケーするDSEE HXが搭載されています。アンプの総合出力は154Wで、ハイレゾ音源対応のデジタルアンプS-MasterHXを搭載しています。

スピーカーは94mmφのスーパーウーファー、50mmφのフルレンジx2、19mmφのスーパーツィータが4基内蔵されます。なお、スーパーツィータは左右の上面及び前面に配置されています。

西条行きだけあって、お腹いっぱいと言うくらいの機能テンコ盛りっすね。

あ、USB経由でデジタルウォークマンの音楽再生が出来たりします。5月23日からの販売が予定されており、オンラインストアでの販売価格は71880円(税抜き)です。

購入:ソニー ワイヤレススピーカー SRS-X9

参照:ワイヤレススピーカー「SRS-X99」

スポンサーリンク
sponsored link