【ミックスウェーブ】DAC機能付き真空管式ヘッドフォンアンプ『Continental Dual Mono』

caudio_newsimg_20150728_01_pt01

ミックスウェーブ社からALO Audio社製のDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「Continental Dual Mono」の販売がアナウンスされています。

LR各チャンネルのヘッドフォンアンプ部にフィリップス社製の6111真空管を採用し、独立で駆動します。天板にはゴリラガラスの窓が用意され、動作状況がよくわかる様になっています。デザイナーは、よくわかっている方だと思われ。真空管のヒーターの光は、こういう時には印象強くなります。

電源にはパナソニック社製18650を3本搭載し、電圧変動が少ない、安定した電力を供給します。DACチップにはWolfson社製のWM8741Aを採用しており、PCM192KHz/24bit、DSD64(2.8MHz)に対応します。充電とPC/Macとの接続はUSB。

アンバランス出力時で7.5時間、バランス出力&DAC機能使用の状態で5時間の使用が可能で、フル充電には3時間程かかります。7/29からの販売となり、店頭予想価格は195000円程との事です。

ちょっとお高めですが、考慮するのに値するでしょう。

参照:ALO audio Continental Dual Mono – Silver DAC搭載ポータブル真空管アンプ ハイレゾ音源対応(192kHz/24bit, 2.8MHz)

スポンサーリンク
sponsored link