【リンクス】スタートレックのエネルギー兵器フェザー銃形学習リモコン

20150810171502_143_ (1)

リンクスインターナショナルは、スタートレックの世界観を再現した学習リモコン「The Original Series Phaser replica universal remote control WRC10914」を発表。8月12日より、同社のダイレクトショップにて先行発売し、全国の家電量販店にて順次発売する。

アメリカの人気SFドラマ、スタートレック(オリジナルシリーズ)に登場するエネルギー兵器フェザー銃の形をした学習リモコン。本体の素材には、ニッケル、メッキダイカスト、ポリカーボネート、アクリル、ABSなどを使い細かいディテールまで再現。細部までの作り込みに加え、光をともなう動作音やスタートレックの多彩な効果音を収録するなど、本体とパッケージ、付属する金属プレートまでスタートレックの世界観を忠実に再現した。

機能面では、テレビやDVDプレーヤーなどのリモコンの赤外線信号を9通りの動作(右に振るなど)に対して、それぞれ赤外線信号を割り当てることが可能。4つの記録領域に、最大で36種類の赤外線信号を記録できる。

また、電源オンから、モード切り替え、記録領域の変更などすべての操作を音声(英語)で知らせるため、一度操作を覚えればマニュアルを見なくても操作できるという。

さらに、動作に合わせて10種類のスタートレックの特殊効果音を再生できる「エフエックスモード」を搭載。操作の練習ができる「プラクティスモード」、リモコンとして使用する「コントロールモード」モードを搭載。ダイヤルによる音量調整やテレビの一斉OFF信号を送信する機能なども用意した。

このほか、バッテリーはリチウムポリマー電池で、充電方式がUSB充電(約2時間で満充電)。本体サイズは200(幅)×160(高さ)×45(奥行)mm。重量は約400g。

市場想定価格は19,800円(税別)。

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link