【秋葉館】ワイヤレス角マウスは意外とナウい?

ADBを採用した頃の初めてのマウスは、通称を角マウスといい、初期のアップルの名デザインの一つにあげられます。

秋葉館からはそのレプリカと言うか、今風に「再発明」した角マウスが販売されます。オリジナルのデザインを壊さない様にサイドにスクロールホイールを移動させ、大きなマウスボタンは左右にクリックスイッチを内蔵しています。

現代としてはほぼ標準的な3ボタン+スクロールホイールの構成なので、多くのシステムでも使用できると思いますが、公式対応OSはMacOSX10.5.8以降、Windows 2000以降です。

接続は2.4GHz帯を使用するワイヤレスで、超小型のレシーバが付属します。初回入荷は100個と言う事ですが、年末入荷なので、コミケで上京された際にお買い求めになるといいかも。オンラインでの販売価格は5980円(税込)です。中身がLogitec社製品と言う噂もありますが、同社は多くのメーカーに対してOEM供給しているので安心できます。
参照:ワイヤレス角マウス [CU-KAKU1]

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
sponsored link