4コアのクアッドコアに8コアのオクタコア、その先の読み方は?

昔は「デュアルコアすげー!」「クアッドコア?信じられない!」なんて言ってたのにいつのまにか8コア(オクタコア)も当たり前になりつつある今日このごろ。もちろんPC(というかサーバかな?)ではすでに12コア、16コアなんて構成も普通に使っていますが、これらはなんて呼べばいいのか、というのをなんとなく調べてみました。

samsung-exynos-processors

その前に、そもそもこの呼び方は何なのかというのも調べてみました。1コアならシングル(single)、2コアでデュアル(dual)、3つでトリプル(triple)、4つでクアッド(quad)。この辺はよく耳にしますが、よく見ると馴染みのある英語ともちょっと違う。

single、triple,quad(quadruple)は英語の倍数表現というやつで、n倍を表す単語です。この倍数表現を使うなら2はダブル(duble)となりますが、実際にはデュアル(dual)です。どうやらこのdual、ラテン語起源の単語で「2重」とか「2つの」という意味を現します。なんでdubleじゃなかったんだろうか?

そして5以降は数を表す接頭辞がそのまま使われるようです。たとえば5コアならペンタコア(PentaCore)、6コアならヘキサコア(HexaCore)、8コアならオクタコア(Octacore)という具合。この数の接頭辞は多角形を表す単語としても馴染みがありますね。五角形はペンタゴン、六角形はヘキサゴンという感じ。これらの単語もギリシャ語、ラテン語が起源となっているそうです。

そんなわけで、とりあえず20までを調べると下記のようになりました。

接頭辞 読み 接頭辞 読み
1 single シングル 11 undeca ウンデカ
2 dual デュアル 12 dodeca ドデカ
3 triple トリプル 13 trideca トリデカ
4 quad クアッド 14 tetradeca テトラデカ
5 penta ペンタ 15 pentadeca ペンタデカ
6 hexa ヘキサ 16 hexadeca ヘキサデカ
7 septa セプタ 17 septadeca セプタデカ
8 octa オクタ 18 octadeca オクタデカ
9 nona ノナ 19 nonadeca ノナデカ
10 deca デカ 20 eicosa エイコサ

12コアはドデカコアっていうんですね。なんかすごそうだ。ちなみに20以降は末尾にcosaがついて24ならテトラコサ、26ならヘキサコサという風になるようです。

それにしても、なんで1〜4までと5以降で法則が違うんでしょうかね?1〜4も数の接頭辞を使うならモノコア(monocore)、ジコア(dicore)、トリコア(tricore)、テトラコア(tetracore)。テトラコアってなんかカッコイイ。

で、関係ないけどこの数の接頭辞、7〜10をみると何やら見慣れた単語が並びます。September(9月)、October(10月)、November(11月)、December(12月)ですね。しかし2ヶ月ずつずれています。

これは、古代ローマの暦の名残。最初のローマ歴は1年を10ヶ月としてしていましたが、2代目のローマ暦で1月と2月を追加して12ヶ月となり、もとの1月が3月、2月が4月というようにそれぞれ後ろに2ヶ月ずれたのだそうです。なかなかに歴史を感じますね。

スポンサーリンク
sponsored link